Eco Action Point エコ・アクション・ポイント

こちらから登録しエコアクションポイントに参加してエコ活動をポイントに変えよう!!

事業者・自治体様 参加のご案内はこちら

ハジメル・ツナガル・ツヅケル Enjoy eco Act はじめよう! エコ活 !!

ECO MAGAZINE

ファッションが大好きで、気付けばクローゼットが服でいっぱい……という人も多いのではないでしょうか。
では、着なくなった服はすぐに処分?実は、日本の家庭からゴミとして出されて処分される衣服は、年間約45万トン。一日あたり大型トラック約120台分にものぼります(2022年度ファッションと環境に関する調査)。
お気に入りの服こそ、長く活用したいもの。サステナブル(持続可能)なファッションを楽しむために、今回は、針も糸も使わない、Tシャツのリメイク方法をご紹介します。



服1着ができるまでの環境負荷とは?

ファッション産業は、大量生産・大量消費、大量廃棄により、製造にかかる資源やエネルギー使用の増加、ライフサイクルの短命化などから環境負荷が非常に大きい産業と指摘されるようになり、国際的な課題となっています。
原材料調達・紡績・染色・裁断・縫製までに排出される、服1着あたりの環境負荷(年間総量を服1着あたりに換算)、一人あたり(年間平均)の衣服消費・利用枚数を見てみましょう。


地球環境を守るためには、生産・消費・廃棄までの環境負荷を考慮し、サステナブルなファッションへの取り組みを加速していく必要があります。


サステナブルファッションの
ために、私たちができること



1.持っている服を長く大切に着る
適切にケアをしたり、リペア(お直し)を施して、愛着を持った服を長く着ましょう。



2.リユース(再利用)する
古着を楽しむ。また、寄付やリサイクルショップ、フリマアプリなどを活用して、ほかの人に着てもらいましょう。



3.先のことを考えて買う
クローゼットを見直し、本当に必要か見極めて購入する。一着を長く着るために品質を重視し、価格に見合う価値ある商品を選びましょう。



4.作られ方をしっかり見る
商品のタグやラベルを見たり、店員さんに尋ねたりして、素材や生産ルートを確認しましょう。関心を持つことが業界全体に大きな動きを促します。



5.資源として再活用する
可燃ゴミとして捨てず、自治体や店舗などの古着回収に出しましょう。リユースやリサイクルされ、資源として活用されます。


私たちにできることの一つとして「リユース」があります。お気に入りだったけれど、くたびれてしまったTシャツを使って、エコバッグを作ってみませんか?

お気に入りをリユース!
Tシャツでエコバッグを作ってみよう。



では、実際に「リユース」に挑戦してみましょう!使うのは、着なくなったTシャツとハサミだけ。針も糸も使わず、ハサミで切って結ぶだけで10分もかからず簡単に作れる、エコバッグへのリメイク方法をご紹介します。


1.襟と袖をカットする。
Tシャツの襟・袖をカットします。Tシャツを裏返し、お皿を置いて線を引いておくと、きれいに切れます。前身頃と後ろ身頃がずれないよう、ひと思いにカットしましょう。



2.裾を横にカットする。
作りたいバッグの大きさを考えて、好みの丈に裾を切す。






記事のつづきは、環境省発信の「ecojin(エコジン)」でお読みになれます!
▼▼▼

バックナンバー

♯14 【イベントレポート】宇治市 EAP事務局主催イベント

エコアクションポイント事務局主催のイベント開催! 2024年3月9日(土)と3月10日(日)に京都府宇治市にてエコアクションポイント事務局(=EAP事務局)主催で「エコアクションマルシェ in宇治」を開催しました。 様々な企業・団体様にもご尽力いただき、美味しい食べ物盛りだくさん...

♯12 【再配達削減PR月間】荷物の再配達で排出されるCO2を考えてみよう!

今月は再配達削減PR月間です。 皆様、こんにちは。 2024年4月は「再配達削減PR月間」です。 再配達削減PR月間とは、宅配 トラックドライバーさんの時間外労働の上限を規制する 「働き方改革」の法律が適用され 現状のままの運び方が難しくなると言われる...

♯13 ごみ出しのコツをつかんで楽しく分別しよう!

誰もが毎日必ず出している「ごみ」。一人が1日に出すごみの量は、平均890gにものぼります(*1)。ごみの焼却には多くの二酸化炭素が発生し、また、最終処分場(*2)の寿命は、あと20年ほどだと考えられており、差し迫った課題になっています。(*3) ごみを減らすことは、地球環境に優しいこ...

♯11 【イベントレポート】伊勢市 製品プラスチック回収イベント

製品プラスチック回収イベントを開催しました! こんにちは。エコアクションポイント事務局の下村です。 2024年2月17日(土)と18日(日)に三重県伊勢市のぎゅーとら様のeco広場で、製品プラスチックの回収イベントを開催しました。 1日目は快晴でしたが、2日目は雨が降ったり止...

♯10 余った食品を寄付。 取り組み広がるフードドライブ

本来食べられるにもかかわらず、廃棄されている食品を指す「食品ロス」。日本国内では年間約523万トン(令和3年度推計結果)、そのうち家庭からは約244万トン発生しています。一人あたりに換算すると、毎日お茶碗1杯(約114g)を捨てている計算に。 食品ロスを減らすために消費者ができることとして...

♯9 愛着ある1枚が、10分で簡単変身! Tシャツで作るエコバッグ

ファッションが大好きで、気付けばクローゼットが服でいっぱい……という人も多いのではないでしょうか。 では、着なくなった服はすぐに処分?実は、日本の家庭からゴミとして出されて処分される衣服は、年間約45万トン。一日あたり大型トラック約120台分にものぼります(2022年度ファッションと環...

一覧を見る
ページトップへ